ヤフープロモーション広告でアフィリエイトサイトを宣伝する時の注意点と特徴

(2018/05/15 追記・編集)

アフィリエイトサイトで大事な事はどれだけ自分のサイトに人を呼び込むことができるかです。


アクセスを増やす方法として一番難しくなく始められるのがお金を払う事でアクセスを増やす広告出稿です。


時間もかけずにアクセスを増やせるので非常にお手軽ですが、なにも考えずに始めると広告費ばかりがかかり赤字となってしまいます。


広告を出す方法として最も有名で効果が高いのがグーグルアドワーズとヤフープロモーション広告です。


どちらも検索結果に広告を出す方式と提携サイト上にバナー広告を出す方式があり、とても似通っていますが微妙に特徴と注意するべき点は違います。


ここではヤフープロモーション広告の特徴と注意するべき点について解説します。


⇒アフィリエイトの他、副収入方法計20種類を徹底解説

ヤフープロモーション広告の特徴

●キーワード検索広告

ヤフーの検索窓よりキーワード検索をすると検索結果の上下に広告が載ります。これがキーワード検索広告で、あらかじめ広告を載せるキーワードを設定しておきます。


ヤフープロモーション広告はキーワード検索も後述するYDN(ヤフーディスプレイネットワーク)広告もクリック課金型広告となります。


広告がクリックされた段階で初めて非常が発生するので無駄なコストを抑える事ができ、キーワード毎のコストと収益のバランスを正確に分析する事ができます。


最近はヤフーでも広告サイトの審査が厳しくなってきていますが、グーグルのアドワーズ広告と比べると審査が緩やかなので、グーグル以上に参加する企業が多いです。


そのため競合しやすく、1クリックあたりのコスト単価はグーグルよりも高い傾向のキーワードが多いです。


ただその分制約が緩いので様々な施策を打ちやすく、1クリックあたりの成果も高くなる傾向があります。


●YDN(ヤフーディスプレイネットワーク)広告

ヤフーと提携しているサイトにバナーを出すのがYDNです。グーグルのGDNと基本はお暗示です。

(グーグルアドワーズについてはこちら)


しかしヤフーはニュースやファイナンス、スポーツナビなど独自コンテンツを多数持っており、品質の高いページにバナー広告を載せる事ができるのが強みです。


またスマホ版のヤフーTOPページに広告を出す事も出来るので、グーグル以上にバナー広告の宣伝力は強力です。


ヤフープロモーション広告を行う場合はYDNでヤフーの強みを生かす事が成功のカギです。


●GDNにはないYDNの強みと言えばヤフートップに出せる事

スマホでヤフーニュースをチェックする方も多いかと思いますが、そんな日本でもトップクラスのアクセスを誇るヤフーのトップページに広告を出せるのがYDNの強みです。


スマホの場合トップページから下に下にとニュースを読み進めていくと、記事の他に広告が出てきます。


このように記事と記事の間に自然と馴染み様に出す広告をインフィード広告と言います。


ヤフーのインフィード広告は設定したターゲットにもよりますが1クリック10円~程度でも露出が出来ます。


ユーザー属性やターゲット層、リマーケティングを上手に活用することで日本トップクラスの媒体で効果的な広告を打つ事が出来ます。


GDNでは出来なことなのでヤフープロモーション広告で宣伝する時はぜひとも活用しておきたい広告手法です。


ヤフープロモーション広告の注意点

ヤフー広告は参加する企業が多いため、キーワード単価が高騰しやすい事に注意しましょう。


ワードによっては1クリックあたり数千円以上のコストがかかるものもあります。


競合がいない場合は10円程度でも広告を載せる事ができるので、誰も手を出していないワードを見つける事がヤフー広告では重要です。


⇒初心者でもすぐに出来る副収入方ならFX!まずは漫画で楽しく学ぼう

ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます