副業初心者に人気のFXとは?投資で副収入を目指す方法

①副業をしてる会社員は2割を切る。けど時間と会社が許すならしてみたい人が多い


マイナビニュースの調査によると今現在副業をしている人は16.9%で全体の2割を切るくらいの様です。


利益額は数千円から数百万と幅広く、学費や生活費の足しなどもう少し収入があれば楽になるので始めたという方が多いそうです。


副業をしていない方の理由は、

「本業が忙しい」

「副業が禁止されている」

「時間や手間がかかりそう」


など本業との兼ね合いや時間がとられてしまう事で副業が出来てないようです。

(出典記事URL:http:/news.mynavi.jp/news/2016/09/02/173/)


会社に就業後の行動まで縛る権利はないと、副業禁止の社内規則は無効でたとえ副業をしていることがばれてもそれを理由に解雇はできないとの見方が強いです。


但し、本業に差し障るほどの副業時間や作業量、本業のブランドを傷つけるような内容の副業の場合は解雇事由になりうるので注意が必要です。


いくら解雇事由にはなりにくいとは言っても、あまり会社にはばれたくないという方がほとんどかと思います。


そこでバレても言い訳がしやすいものとして投資を副業として始めている方が増えてきています。


投資も副業も利益が一定額以上出た場合は確定申告をする必要がありますが、副業はいい顔をしない企業であっても投資ならば特に何も言わない所が多いです。


投資は作業に時間がかかるものではありませんし、国も個人投資を後押ししているように、「投資」は副収入として文句を言われづらいものです。


実際今は投資を副業として始めているサラリーマンやOL、さらには主婦や学生までも増えており、ほんの数年前とは違って投資がだいぶ一般的なものになってきています。


特に投資の代表格である「株」と「FX」を始める方が増えており、特にFXはその特性上、普段仕事をしているサラリーマンやOL、日中時間が取れにくい主婦の方でも始めやすいと人気を得ています。


このページでは「副業としてFX投資を始めてみようと思っている人」や「副業をしてみたいけどどんな副業がいいのだろう?」という方向けにFXとは何なのか?分かりやすく解説します。


⇒マンガでFXとは何かを楽しく学ぼう


⇒入門向けFXサイト「はなまるFX」で優しく学ぶ



②FXとは外貨を交換して利益を目指す取引です

FX(エフエックス)とは「Foreign eXchange」の略で直訳すると外貨交換、日本語の正式名称は外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)と言います。

直訳の方がイメージがしやすく、直訳通りFXとは外貨を交換する事で利益を目指す取引です。


ニュースで「株価と為替の値動き」の報道が一日何度も報じられるように、お金の価値は常に変動しています。


この変動を利用して利益を出そうというのがFXで、

例えば、

1米ドル100円の時に米ドルを買い、1ドル120円になった時に円に戻すことでその差額「20円」が利益となります。


FXは通常1万通貨からの取引になり、米ドル円なら1万ドルからの取引です。


大体100万円ほどの資金が必要になり、とても普通のサラリーマンが手を出せるものではありません。


そこで最近では10分の1の1000通貨から取引ができるFX会社が増えてきています。


1000通貨であれば1000ドルからの取引で大体10万円ほどで始める事ができます。


とは言え10万円と言うお金も決して安易に手を出せる金額ではありません。


ましてやFXは投資なので、利益を出せる事もあれば損失となってしまう局面もあります。


10万円が減ってしまうかもしれない、、とおもうとなかなかFX投資を始める事ができません。


しかしFXにはレバレッジと言う手元の資金の25倍までの取引が出来る仕組みがあります。


これを利用すると4000円で10万分の取引をすることができます。


すなわち4000円あれば米ドル円取引を始める事が出来るのです。


4000円であればサラリーマンや主婦の方のお小遣いでも十分に始める事ができますし、仮に損失になってしまっても元が4000円程度なのでそれほど痛くはありません。


さらに4000円と入っても実際は1000ドルもの取引を行っているので、

前述の例に当てはめると


1ドル100円の時に1000ドル分のドルを買い、120円になった時に円に戻すことで2万円の理系となります。


4000円の元手で2万円もの利益を出せる計算です。


但しFXにはメリットもあればデメリットもあります。


次にFXの気を付けるべきデメリットや株にはないFXならではのメリットを解説していきます。


③FXのメリット・デメリットを理解しよう

●予想と反対に動くと損失に。ただし借金となる事を防ぐシステム「ロスカット」で安心

②で開設したように少額で大きな利益を目指せるのがFXのメリットですが、同時にデメリットにもなってしまいます。


前述では1ドル100円が120円になったら2万円の利益でしたが、逆に1ドル80円になってしまうと2万円の損失となり、手持ちのお金4000円を差し引いた16000円が借金となってしまいます。


ただこれはロスカットという仕組みがない場合のお話です。


FXでは手持ちの資金が少なくなったら強制的に取引を終了させて、借金となる事を防ぐロスカットという仕組みがあります。


たとえば1ドル100円から97円になると3000円の損失となり、残り資金がわずかとなってしまいます。


この時に強制的に取引を終了させて借金となる事を防ぎ、少しでも手元に資金を残してくれます。


強制的に終了させるなんてけしからん!と思うかもしれませんが、この仕組みのお陰で予想外の動きをしても、出かけてるときに損失となってしまっても借金とならない様にしてくれます。


どれくらい資金が減るとロスカットが発動するかはFX会社によって違いますし、設定を選べる会社であれば設定次第で変わってきます。


このロスカットがあるおかげで借金となる事を心配せずに利益を目指すことができます。


但し、このロスカットが間に合わないケースが存在します。


それは急激な値動きがごく短時間に発生した場合です。ロスカットが間に合わずに損失が拡大し借金となってしまう場合です。


最近では2015年の1月15日に発生したスイスフランショックの時に、スイスフランを絡めた通貨ペアの為替相場があまりの急激な値動きをしてしまい、ロスカットが間に合わず借金となってしまった方が出てしまいました。


スイスフランショックとは、それまでずっと続けてきたスイスの中央銀行による為替介入を突然やめると発表したことにより市場が大混乱、スイスフランを絡めた通貨ペアが物凄い動きをしました。


このような事はそうそうあるわけではありませんが、もしもに備えて値動きが激しいマイナー通貨ペアでの取引はしないでおきましょう。


米ドル円であれば取引量も多く、緩やかな動きなのでロスカットが間に合わないような値動きはまず起きません。



●利確と損失を自分でコントロールすることでリスクマネージメントをしよう


24時間常に取引画面に貼りついていられるなら問題ないですがそうはいきません。


取引画面を見ていないときに大きな利益を得るチャンスがあったり、見てないときに損失が大きくなってしまったりするのではないかと不安は尽きません。


ロスカットシステムで借金になる事は防いでくれますが、自分で許容できる損失額を定めておけば損失になったときの額も自分でコントロールできます。


FXではあらかじめこの値になったら利益確定のための取引を終わらせる注文(指値注文といいます)やここまで損失が拡大したら取引を終わらせておいてほしいという注文(逆指値注文と言います)を設定することができます。


外貨を買ったらまずこの設定をしておくことで利益のチャンスを逃さず、さらに損失の額もコントロールできるので資金管理が楽になります。


FXではこの資金管理をしっかりしてリスクマネージメントがすることが大事ですので、取引注文ごとにしっかりと設定しておきましょう。


慣れてきたり動きがないときに取引をするとついつい設定し忘れてしまうのですが、もしもに備えて毎回設定するのが大事です。


●FXは平日24時間取引が出来る

株式市場は平日の午前9時~11時30分の前場とお昼休みを挟んで12時半~15時までの後場しか取引が出来ません。


平日の昼間は働いているサラリーマンや子育てや家事に忙しい主婦の方ではなかなかこの時間帯に取引をすることが出来ません。


FXなら平日24時間市場が開いています。


なのでいつでも好きな時間に取引をすることができます。お昼休みもないので、昼休憩にちょっとスマホで取引なんてこともできます。


またFX市場が値動きが大きく活発になるのが日本時間の夜9時~深夜2時辺りです。


サラリーマンの方でも始めやすい時間帯に盛り上がるので利益チャンスを逃しません。


●いきなりFXを始めるのは怖い⇒デモトレードで無料練習をしよう

FXは投資なので始めるには資金が必要です。たとえ4000円程度でもいきなり始めるのはちょっと怖いしどういうものか試してみたいという方も多いと思います。


FX会社の中には無料で練習できるデモトレードと言うツールを提供しているところがあります。


デモトレードでは本番と同じ環境同じツールを使いながら、仮想通貨を使い取引が出来るのでゲーム感覚でFX取引はどんなものなのか?ツールの使い勝手は?など色々試すことができます。


またFXで成功するのに大切なのが経験です。


こんな局面ならこんな取引をしようという判断を養うのにはFX取引の経験を積むのが一番です。


デモトレードでFXを練習すれば無料でこの経験を好きなだけ積むことができます。


デモトレードでしっかり練習をした人といきなり本番をした人とでは経験が違うのでスタートから大きな差が出ます。


FXが初めての方は色々な経験を積むためにもまずはデモトレードで練習をしてみましょう。


●自動で取引をしてくれるシステムトレードを利用すればいきなりプロ級に

FXでは取引で判断に迷うことがあります。


いま利確をした方がいいのかな?損失となってしまったけどこれから戻るかな?など気持ちの揺れにより決断ができない事が特に始めたばかりのころはよくあります。


FX会社の中にはプロの人が設定したプログラムを使って自動で取引をしてくれるシステムトレードと言うツールを提供しているところがあります。


システムトレードの利点はプロの取引を元にしてるので、初心者でもプロ級の取引をすることができる、感情に左右されないので取引が正確、世界経済の情報をいろいろ調べなくてもいい、など数多くあります。


実際プロの方でも自分の手動取引とは別に、システムトレードを利用した取引も並行して行っている方は多いです。


デメリットとして相場の急変に弱い点があります。


プログラムで動いているので、想定外の動きにはなかなか対応できません。


解決策として、FX会社HP上などに掲載されている為替が動く経済指標の発表時間を調べておいて、その前後は取引をしないでおきましょう。


あらかじめわかっている大きな動きなら回避しておけばいいのです。



最後に、FXをギャンブルかしないように

FXについて借金したなどの書き込みを見かけることがあります。


大体は誇張だったり嘘だったりするのですが、FXは少額で大きな利益を目指せる分ギャンブル的な取引も出来てしまいます。


レバレッジを最大状態で値動きの激しいマイナー通貨で取引をすればリターンは大きいですがリスクも大きいです。


場合によっては本当に借金をしてしまうかもしれません。


FXは③で書いたようにリスクマネージメントが大事です。


自分がどれだけの損失なら許容が出来て、どれだけの利益を目指したいのかをしっかりと決めておきましょう。


ギャンブル化させないしっかりとした取引なら怖いものはありません。


FXが初めての方は必要以上に怖がらず、必要以上に欲に目がくらまないような取引をお願いします。


下記の画像リンクにてFX入門サイト「はなまるFX」に行けます。漫画付きで楽しく解説していますので、FXとは何だ?と言う人もすぐにFXがわかります(^^ゞ


また「FXのやり方を簡単解説!初心者の「わからない」を優しく解決」にても詳しくFXのやり方を解説しています。

ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます