証拠金維持率で適正な目安と計算式は?1000%超えでFXを安全に始める

FXを始めるにはFX会社に証拠金を入れなければなりません。


FXはこの会社に入れた証拠金を担保にその最大25倍までの取引が可能となります。


なので例えば10万円分の取引をしたい場合、必要証拠金は4000円です。


証拠金維持率とは必要証拠金と有効証拠金比率

10万円分の取引をするには最低4000円の資金が必要になり、この最低必要となるお金を必要証拠金と言います。

有効証拠金とは今現在FX会社の口座にあるお金のことです。


証拠金維持率(%)の計算式は

有効証拠金÷必要証拠金×100

と計算式で表されます。


例えば必要証拠金で4000円で口座に4000円お金がある場合、証拠金維持率は100%となります。


どれくらいの証拠金維持率ならいい?1000%超えが安全で適性の目安

今の口座資産状況の健全さを知るための指標として証拠金維持率は用いられます。


FX会社は含み損が拡大し、口座に入れたお金以上の損失となる事を防ぐために「強制ロスカット」と言う仕組みを導入しています。


これによって見ていない所で相場が想定外に動いても残高がマイナスとなる不安を消してくれます。


しかし強制的に含み損が損失確定となってしまいます。


相場が利益側に動くのを待つことも出来ずに損失が確定してしまう強制ロスカットは発動されないに越したことはありません。


FX会社によって違いますが証拠金維持率が20%~50%程度となると強制ロスカットが発生することが多いようです。


一般的に証拠金維持率は1000%超え辺りが安全で適性の目安と言われています。


10万円の取引をする場合は4万円の証拠金を入れる事で1000%となります。


証拠金維持率が低い取引ほど少ない資金で大きな取引をしている状況で、証拠金維持率が高いほど大きな資金でほどほどの取引をしている事になります。


取引する通貨ペアや狙う利益によって適正や安全の目安は変わるものですが、FX初心者の方は1000%超えの証拠金維持率を目指した資金管理をしておくと様々な相場状況にも対応できる資金運営ができて安全です。

ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます