10万ドルは日本円でいくら?途方もない金額に見えるがFXなら割と簡単に買えます

10万ドルは日本円でいくら?と質問された場合、大抵は米ドルの事を指していますよね。


でもドルはアメリカだけでなく、カナダやオーストラリアなど多くの国で採用されている単位です。


なのでFXなど外貨取引をする商品を扱うサイトではドルではなくわざわざ「米ドル」と呼びます。


さて、そんなドルですが10万ドルを日本円にするといくらになるのでしょうか?


米ドルを含めた各国のドルを円に換算してみます。

(レート情報は2017年9月12日現在のもの)


各国の10万ドルを日本円に換えてみよう

・10万米ドル ⇒ 1090万円

・10万カナダドル ⇒ 900万円

・10万豪ドル ⇒ 870万円

・10万NZドル(ニュージーランドドル) ⇒ 790万円

・10万香港ドル ⇒ 140万円


FXなら10万ドルを手にするのも難しくない?

米ドルで10万ドル分の外貨を手にしようとすると1000万円以上の現金が必要になります。


さすがに普通の会社員の方がポンと出せるお金ではありません。


しかしFXでは10万ドルと言う外貨を比較的簡単に買う事ができます。


FXではFX会社の口座に入れたお金を証拠金としてその最大25倍までの取引ができる「レバレッジ」と言う仕組みがあります。


FXではレバレッジを掛けて取引するのが普通ですが、最大の25倍にすると10万米ドルも40万円ちょっとで購入することが可能となります。


40万円と言う金額も大きなお金ですが、現実的な金額でもあります。


しかし10万米ドルを40万円で購入して何かいいことがあるのか?と思う方が多いかもしれません。


実はFX会社では通貨によっては外貨を買うだけで収入が入る場合があり、10万ドル分も購入すると銀行預金とは比べ物にならない収入を得る事も可能となります。


米ドルをFX会社で10万ドル購入すると・・・

ここではFX会社の中でも初心者に大人気の外為オンラインの場合を紹介します。


2017年9月12日時点で米ドルを日本円で1万ドル購入すると1日で25円の収入を得る事ができます。


これはただFX会社を通して米ドルを買っただけで手に入るお金です。


10万ドル買った場合は1日250円の収入なので、年間で9万円以上の収入が10万ドル外貨を買うだけで手に入ります。


注意点として、為替が不利なレートの時は含み損が発生し、有利な時は含み益が発生するなど変動によって資産が増えたり減ったりします。


10万ドルを日本円に戻す場合は為替レートに気をつけましょう。


⇒FX初心者に圧倒的な支持を受ける外為オンラインとは?

ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます