ポジショントレードとは?FX勉強図鑑サイト「はなまるFX」でも学ぼう

ポジショントレードとは何?FX勉強図鑑サイト【はなまるFX】でも優しく学ぼう

ポジショントレードとは中長期的なスパンで売買をする取引手法です。


解説サイトによっては長期運用やスワップポイント運用とも一緒の括りとして記載されます。


ポジショントレードは数週間から数年単位の長い取引期間で売買を行い、為替差益とスワップポイント益両方を狙うスタイルとなります。


ポジショントレードを行うにあたって大事なのが

①売買を開始するタイミング

②スワップポイントがプラスになる通貨ペアで行う

事です。


「①売買開始のタイミング」ですが、中長期で保有し続ける事を前提としているため高値で購入してしまうと為替差益を生み出しにくくなります。


例えばここ3,4年の米ドル円チャートを見てみると100円~125円で推移しています。


もし1ドル125円の時に長期目的で米ドル円を買っても、それが為替差益となる道筋はいまだに見えません。


今の為替が円高とみるべきなのか円安と見るべきなのかは誰にも判断できません。


が、米ドル円のようなメジャー通貨は同じような動きを繰り返すので過去チャートをみながら今の為替水準で買うべきなのかをきちんと判断しましょう。


「②スワップポイントがプラスとなる通貨ペア」ですが、FXでは政策金利の安い国の通貨で高い国の通貨を買うと大抵プラスになります。


政策金利がほぼほぼ同じ通貨ペアの場合は状況によりプラスになったりマイナスになったりします。


中長期で保有し続ける場合、スワップポイントがマイナスの状況が続くほどに資産がどんどん目減りしていくので、安定してプラスになりそうな通貨ペアを選んでおくと安心です。


⇒中長期運用についてさらに詳しく


ポジショントレードに向いた通貨ペアとは何?

ではポジショントレードを行う時にはどんな通貨ペアを選んでおくと良いのでしょうか?


まず一番おすすめなのは「米ドル/円」です。為替の動きが読みやすく安定しているので、今の為替の値よりも数年後にはプラスになっている時期が出てくるかどうかを非常に読みやすいです。


スワップポイントは大きなプラスとはなりにくいですが、マイナスとなる場面はあまりないので安定した長期運用を目指せます。


次におすすめな通貨ペアは「豪ドル/円」です。


過去3、4円では1豪ドル73円~97円で推移しています。米ドル円と比べると動きの幅が大きく、特にここ2~3年は円高に動いてるので買った時の為替レートによっては為替差損が8背尾する可能性もありますが、米ドル円と比べても高いスワップポイントが魅力的です。


また変動も米ドル円以外と比べると安定していると言えますし、必要資金も米ドル円よりも安く済むという利点もあります。


⇒通貨ペア別おすすめFX会社はどこ?


ポジショントレード向いたFX会社はどこ?

基本的に中長期運用の場合はキャッシュバックやスプレッドはほぼ気にする必要がありませんし、スワップポイントも長い目で見るとどこも差が無くなるのでココじゃなきゃダメ!という事はありません。


そんな中オススメできるのがSBIFXトレードです。


この会社は積立FXという中長期向けサービスを行っているのが特徴的です。


毎月決まった金額を定期的に購入し続ける事により、為替変動のリスクを抑えながら運用できる仕組みを提供しています。


これは「ドルコスト平均法」と呼ばれるリスク分散法を形にしたもので、一度に購入するより中長期的に購入することで局所的な変動リスクを抑えて利益を目指せる手法です。


また為替が許容外の値の時は購入を見送ると言った設定も出来るので、無理な値で購入する事もありません。


最初に設定するればあとは毎月コツコツと自動で運用してくれるのでとっても楽チン&気軽にポジショントレードを始める事が出来ます。


⇒SBIFXトレードについて詳しく



ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます