FXのスワップポイントで稼ぐ?外貨の長期運用で生活は出来るのか

FXとは異なる2国間の通貨を売買することによって為替差益を狙う取引です。


簡単に言うと、アメリカドルと日本円の取引で1ドル100円になった時にドルを買い、1ドル110円になったら売る事でその差額を利益とする取引です。


このような為替の変動を利用した取引がFXの基本ですが、FXではもう一つ利益を上げる方法があります。


それがスワップポイントです。


よくスワップと略されることもありますが、一体スワップポイントとは何なんでしょうか?


ネットで見かけるスワップポイントだけで生活なんてことは出来るのでしょうか?


メリット・デメリットを理解して正しいFX長期運用を始めましょう。


①スワップポイントとは

日本は一部マイナス金利が適用される等世界でも有数の超低金利国で、現在の日本の政策金利は0.1%です。


しかし世界には政策金利が数%と言う国もあります。


日本円で金利の高い国の通貨を買うことでその金利差に応じた利息に似た利益を得ることが出きます。


これをスワップポイントと言います。


例えば、オーストラリアの政策金利は2016年11月現在で1.5%なので日本との金利差は1.4%です。


この金利差を参考にFX会社ではスワップポイントを決定しトレーダーに支払います。


1.4%と言う数字も日本の銀行に預けた時の利子に比べるとけた違いに高いですが、さらに長期運用で人気のトルコや南アフリカでは政策金利が7%を超える事も珍しくなく高スワップポイントが期待できます。


②外貨預金との違い

FXのスワップポイントと同じく外貨の長期運用で利益を狙うサービスに銀行が行っている外貨預金があります。


銀行の外貨預金も基本的にはFX長期運用と同じで、日本円を外貨に換えて外国にお金を預ける事でその金利差に応じた利息をもらえます。


銀行がやっているのだから安心だという方も多いかもしれませんが、FXのスワップポイントと比べると実はメリットが全くありません。


むしろFXをやっている方は高額の手数料や融通が利かないことに驚かれると思います。


例えば高金利通貨でありながら為替変動が比較的緩やかで人気の豪ドルの場合、外貨を円に戻すときの手数料はFXの場合は大体1通貨辺り0.7~1銭程度なのに対し、銀行の外貨預金は40銭~2円前後と非常に高額です。


また途中で円に戻そうと思っても外貨預金は途中解約の手続きが必要ですが、FXの場合は元々外貨取引に特化しているのですぐにできます。


特に高額な手数料はせっかくの利益も吹き飛んでしかねい高額なものなので、外貨で長期運用を検討している方はFX会社を通しての方が断然お得なのです。


③長期運用におすすめの通貨と注意点

しかし外貨預金と同様FXの長期運用にも同じリスクがあります。


それは為替変動により為替差損が発生した島た場合、スワップポイント益以上の損失になってしまいトータルでマイナスになってしまう可能性がある事です。


これは外貨預金でも同様で外貨運用では避けられないリスクです。


しかしFXの利点でこのリスクを軽減することが可能です。


FXでは為替変動が自分に不利な方向に動きそうになったらすぐに外貨を円に戻すことが出来ますし、また様子を見て外貨運用の再開もすぐにできます。


この自由度の高さが銀行の外貨預金にはないFXのメリットです。


この自由度の高さを生かすためにも為替相場は定期的にチェックして、相場が今自分に有利なのか不利なのかを把握するようにしておきましょう。


◆はなまるFXでFXを楽しく学ぼう

FX入門サイト「はなまるFX」ではFXとは何か?を漫画付きで楽しく紹介しています。

長期運用を検討されてる方もまずはFXの初歩を漫画付きで楽しく学んでみましょう♪

下記の画像リンクで「はなまるFX」に行けます(^^ゞ


また「FXのやり方を簡単解説!初心者の「わからない」を優しく解決」でもFXのやり方を詳しく解説しています。

ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます