1lot以上の取引とは?枚数・ロットって何?

キャッシュバックキャンペーンの条件に1lot以上の取引や10万通貨以上の取引など書かれている事がありますが、lotとは何なのでしょうか?


枚数とも呼ばれるFXの数え方について解説します。


1lot以上の取引=1枚以上の取引=FX会社が定めた単位

1lotと1枚と言う単位は同じです。よくFX会社や2chなどで両方の言葉が飛び交う事がありますが、どちらも同じ意味です。


そして1lot(1枚)とはそのFX会社が定めた基本取引単位です。


FXの基本取引単位は1万通貨が通常だったので、これまでは1lot=1万通貨と認識されており、FX入門サイトでもそのように書かれていることがあります。


ただ最近は1000通貨単位で取引できるFX会社も増えており、基本単位も1000通貨としているFX会社も出てきました。


なのでFX会社によっては1lot=1000通貨となっているところもあります。


例えば深田恭子さんをイメージキャラクターにしている外為どっとコムでは1lot=1000通貨となっています。


1lot単位を気にする必要はある?

FX会社を選ぶときに1000通貨取引に対応しているかどうかは大事ですが、1lotがいくらなのかを気にする必要はありません。


スワップポイント表などで1lotや10lotあたりと言った表記がありますが、基本1万通貨単位での表記であると覚えておけば良いです。

(FX会社によっては南アフリカランドのみ表記が10万通貨単位である事があります。)


ただ勘違いしない様に気をつけなければならないのがキャッシュバック条件です。


条件項目が○○万通貨取引と言ったような表記であれば問題ないですが、○○lotと書かれていた場合は、1lot単位が1000通貨か1万通貨かによって達成条件が大きく変わってきます。


キャッシュバックの時だけは勘違いしない様にしましょう。

ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます