今ドルを買うべきか売るべきか。売買のタイミングを知る方法とは

FXとは簡単に言うと「安くドルを買って高く売る」「高く売って安く買い戻す」事で利益を出す投資です。


簡単な仕組みと分かりやすさから主婦やサラリーマンの副業としても大人気のFXですが、売買のタイミング判断は時にプロも悩まさせるほどに難しい場合があります。


今ドルを買うべきなのか?それとも売るべきなのか?売買のタイミングや判断をチャート上から見つける手法としてテクニカル分析というものがあります。


人の心理状態が現れるチャートを分析するのがテクニカル分析

ドルが買われたり売られたりするのは経済や政治の動きが大きく影響します。


特にアメリカの雇用統計のようなアメリカ経済に大きな影響を与えるようなものは、為替市場にも大きな動きを生み出します。


ただそれとは別に人の心理で為替は動きます。


例えば、1ドル101円から100円に向かって動いている時に100円ちょうどのラインで、何かに阻まれるようにチャートがバウンドするようなことが良く起こります。


これは経済や政治の動きとは関係なく、100円という区切りでそろっと動きが変わるんじゃないか?と多くの人が思う事で発生する事象です。


こういった心理的な動きは100円や110円と言った区切りが良いラインで良く起こります。


その他にも心理的な動きでチャートが動く事は為替や株ではよく起こります。


このようなチャート上での動きを分析するのがテクニカル分析です。


ただテクニカル分析は「ボリンジャーバンド」や「RSI」などなど非常に種類が多く、為替の状況によって適切な分析方法も変わってきます。


プロの方でもきちんと分析しきるのは難しく、判断を誤ってしまう事もあります。


それほどに難しいテクニカル分析ですが、FX会社のツールを利用することでプロ顔負けの分析を自動で行う事ができます。


外為どっとコムの「ぴたんこテクニカル」やFXプライムbyGMOの「ぱっと見テクニカル」

チャートの自動解析ツールの中でも外為どっとコムの「ぴたんこテクニカル」とFXプライムbyGMOの「ぱっと見テクニカル」は優秀かつアイコンで見やすいのでおすすめです。


◎FXプライムbyGMOの「ぱっと見テクニカル」

最大過去12年間の膨大なデータから今の相場と類似する動きを探し出し、それに基づいて今後の動きを予測してくれます。


手動ではこれほどのデータを分析するのは非常に厳しいですが、「ぱっと見テクニカル」を利用すれば全部お任せなのでとっても楽チンです。


◎外為どっとコムの「ぴたんこテクニカル」

最大過去12年間の膨大なデータから今の相場と類似する動きを探し出し、それに基づいて今後の動きを予測してくれます。


手動ではこれほどのデータを分析するのは非常に厳しいですが、「ぱっと見テクニカル」を利用すれば全部お任せなのでとっても楽チンです。


「ぱっと見テクニカル」と同様に過去データを分析してこれからの動きを予測してくれる「みらい予測チャート」に加え、今の為替チャートに対して様々なテクニカル分析を行って今が「買い」なのか「売り」なのかをアイコン付きで分かりやすく表示してくれる「お天気シグナル」からなります。


特にお天気シグナルではテクニカル分析した結果から、今取引すべき通貨ペアをランキング形式で表示してくれるのでとても参考になります。

ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます