スキャルピングFX会社図鑑!コツや手法について初心者も優しく勉強しよう

スキャルピング向けFX会社図鑑!初心者向け勉強解説

FX取引手法は長期・中期・短期・超短期と分けられます。


スキャルピングとは超短期取引の事を言い、数秒から1分程度のごく短い期間で売買を繰り返す手法です。

(⇒その他の手法やFX全体についてはこちらより)


為替相場は一見動いていないような時でも、実は細かく変動しており、その極細かい変動で少しの利益を積み重ねていく事を目指します。


FXの場合は株と違って売りから入る事も普通なので、為替がどんな局面でも利益を目指せるのが特徴です。


なのでごく短期間で円高に行っても円安に行っても利益チャンスが生まれる、まさにFXだからこそできる取引手法がスキャルピングなのです。


スキャルピングはごく短時間で売買を繰り返すため相場の分析力よりも瞬時の決断力が必要となります。


ゲームなどで一瞬の判断力を鍛えてみても良いかもしれません。


また細かい変動でも利益を目指すために、スキャルピングでは基本的にレバレッジを最大限までかけます。


レバレッジとは少ない資金でも大きな取引が出来るFXならではの仕組みで、2018年4月現在では最大手元資金の25倍までの資金を動かす事が出来ます。


通常レバレッジを高めるほどのに大きな利益を目指せますが、その分損失に動いた時の含み損も大きくなる可能性があります。


高レバレッジはハイリスクハイリターンな取引方法なのですが、スキャルピングの場合は少し違います。


スキャルピングでは極細かい変動を狙って売買するので、高レバレッジにしても損失時の金額が大きくありません。


リスクを軽減しつつFX取引が出来るのがスキャルピングのメリットなのです。


⇒スキャルピングについてさらに詳しくはこちら


自動テクニカル分析ツールを活用して上手なスキャルピングを行おう!

数分から数時間の期間で売買を繰り返す手法「デイトレード」の場合はテクニカル分析が有効です。


テクニカル分析とは為替チャートに現れる特徴的なシグナルを読み取って、これから為替がどう動くのかを予想するものです。


為替や株が動く要因はGDPや雇用統計と言った経済的なニュースによるものと、トレーダー心理によるものの2種類あります。


例えば1ドル101円から100円に向かって動いている場合、キリの良い数字である100円に近づくに連れてそろっと反発するんじゃないか?という心理が働きやすくなり、相場も100円ラインで跳ね返されるような動きをします。


短期売買になるほどにこの心理的な要因を読み解くテクニカル分析が有効になります。


しかしスキャルピングの場合はあまりに売買の期間が短すぎてテクニカル分析が間に合いません。


そこで活用したいのがFX会社が提供する無料相場解析ツールです。


例えば、セントラル短資FXでは「みらいチャート」というツールを提供しており、このツールを活用すると未来の動きを自動で精度よく予想してくれます。


あとはその予想を見てその後為替がどういう方向に動くのかを理解、それを指針としてスキャルピングを行います。


動きの方向性が分かっていれば、スキャルピングで重要な決断もしやすくなるので勝率が上がりやすくなります。


スキャルピングを行う場合はテクニカル分析を自動で行ってくれるツールはぜひ活用しましょう!


⇒テクニカル分析についての詳細はこちら


スキャルピングが出来るFX会社は?

スキャルピングはFX会社のサーバーに負荷を与えるため多くのFX会社では禁止しています。


禁止を明言していない場合でも、スキャルピングを行うと口座が凍結される場合もあります。


なのでスキャルピングを行う場合はFX会社がOKをきちんと出している所で行いましょう。


現在、スキャルピングを歓迎またはOKとしている所は

①セントラル短資FX(ウルトラFX)

②JFX

③ヒロセ通商

です。


特にセントラル短資FXは前述の「みらいチャート」の様にスキャルピングに役立つツールもあるので非常におすすめです。


⇒セントラル短資FXについて詳しく特集



ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます