スキャルピングOKのサクソバンク証券とは?FX会社の選び方

そもそもスキャルピングとは?

スキャルピングとは数秒から数十秒間隔と言った非常に短い期間で売買を繰り返す手法です。

為替市場は一見動いていない様に見える時でも、上の図の様に0.1銭単位の様な非常に小さな値で上下しています。


このような小さな変動でも売買を繰り返す事で利益を積み重ねていくのがスキャルピングです。


一回の利益が少ない分、損失リスクも少ないので初心者の方も始めやすい投資スタイルです。


しかし、非常に売買回数が多いためFX会社のシステムに負荷を与えやすく、多くの会社ではスキャルピングを禁止、明言していなくてもやり過ぎると口座が凍結されてしまう可能性があります。


⇒FXが初めての人はまずは漫画で楽しく学ぼう!


スキャルピングOKのサクソバンク証券とは?

そんな中数少ないスキャルピングOKのFX会社の一つがサクソバンク証券です。


サクソバンク証券はサクソグループの一つでデンマークのコペンハーゲンに本社を持つ外資系の証券会社です。


外国の証券会社と言うと危険なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、サクソバンク証券はXMやタイタンFXと違い金融庁にしっかりと業者登録をしていますので安心です。


逆にそのため外国資本のFX会社でもXMのような何百倍といった高レバレッジには対応できません。


一般的な国内FX会社と同じ扱いとなります。


サクソバンク証券の最も大きな特徴は取り扱い通貨ペアの豊富さです。


国内資本のFX会社では通常20通貨ペアほどの取り扱い量で、ヒロセ通商の様な取り扱いが豊富な所でも50種類ほどです。


しかしサクソバンク証券ではなんと150通貨ペアを超える種類の取り扱いをしており、ダントツの豊富さです。


外国資本の会社のため、日本円を絡めない通貨ペアの取り扱いが非常に豊富なので色々な通貨の取引を体験してみたい!と言う方には非常におすすめです。


⇒通貨に合わせて得意なFX会社を選ぼう!


サクソバンク証券はグローバル企業ゆえに日本人向けに特化されていない

国内資本のFX会社と違ってサクソバンク証券はグローバル企業であるため、日本人向けのサービスや機能が他のFX会社と比べるとどうしても見劣りしています。


せっかくのスキャルピングOKであってもヒロセ通商やJFXのようにキャッシュバックや食品プレゼント企画と言ったキャンペーンがないので、ここでスキャルピングをするメリットが薄くなってしまっています。


また同じくスキャルOKのセントラル短資FXが提供している「みらいチャート」と言った為替取引をサポートしてくれるツールもサクソバンク証券は弱いのが残念です。


スキャルピング対応が嬉しいFX会社ですが、実際に高速トレードを行うなら国内資本のセントラル短資FXやヒロセ通商などを活用する方がお得&賢く取引が出来そうです。


⇒みらいチャートでスキャルピングをサポートする「セントラル短資FX」とは


⇒キャンペーンが豊富で高速取引と相性の良い「ヒロセ通商」とは




ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます