金投資を今後するならタイミングは?売買判断の基準は?

投資と言うと最近話題に上がりがちなのは仮想通貨投資ですね。


ただ1日で10%以上の変動をするのも普通で投機的すぎる感が強く、投資初心者の方に気軽に勧めれるものでありません。


他の投資と言えば代表的なのは株やFXです。


ともに株券やお金そのものを投資対象としており、仮想通貨と違って存在するものを売買します。


ただ株券は紙、お金は鉄や銅とそれそのものに価値があるわけではなく、市場や国の信用度に依存します。


それそのものに価値がある投資と言うと「金投資」が代表的です。


投資対象の「金」は古来より価値を認められている貴金属です。地球上に存在する金の埋蔵量も50メートルプール3杯分の約166,600トンしかない事も分かっており、希少性も保持されています。


そんな金投資もやはり価値は日々変動します。


今後金投資を始めるタイミングはいつがいいのか?売買の判断基準は?について解説します。

今後金投資を始めるのに良いタイミングは?

金投資を始めるタイミングについて参考にするべき事柄を紹介します。


●株高の時は買い時、株安の時は売り時

株高の時は投資家が株へ資産を集中させるため、金の価格が安くなりがちです。逆に株安時は資産のリスク回避のため金を購入する人が増えるために高騰しがちです。


ニュースなどで株高や景気の良い話が出ている時が金の買い時です。


●金の買取CMをよく見変えるようになったら売り時

よくCMで貴金属の買取を見かけますが、全く見ない期間もあります。CMを出している時は金の価格が急騰中で業者も買取量を上げたい時です。


ならばCMを見かける時こそ買い時と思われるかもしれませんが、CMを見かけて時点でかなり上がってしまっている状態なので、そこから買いに動くのはあまりお勧めしません。


一呼吸おいて、CMを見かけなくなったタイミングを狙いましょう。


●中長期でみると米ドルの動きに連動しやすい

すでに金本位制をとっている通貨はありませんが、世界で一番強い通貨「米ドル」の動きに金は影響を受けやすいです。


・米ドルが下落する(弱くなる)と、金の値段は上昇しやすい

・米ドルが上昇する(強くなる)と、金の値段は下落しやすい


と米ドルと反対の動きをしやすいです。


ドル円でも円高に動き、米ドルが下落(弱く)なる場面が続いたら金を買うチャンスかもしれません。


あえてタイミングを図らずに定期購入

今後の金投資に向けてタイミングを見るのは重要ですが、その分大変です。


投資リスクを下げるために簡単な方法として分散定期購入方法があります。


これは例えば毎月決まった日に決まった額を定期的に購入していくという方法です。


長期的なチャートを見た時、金の価格は上昇トレンドをとっています。なので短期的な上下のリスクを分散させるために少額で定期的に購入し続ける事で、長期的な上昇トレンドの恩恵を受けようという方法です。


試しに始めてみようという方は、少額で定期購入をしてみると良いかもしれません。

ネット副業の始め方・稼ぎ方

スマホの普及によりネット副業がより身近になっています。 とくにアプリのお陰でこれまではあまり注目されてなかったタイプのネット副業も活発になっています。 当サイトでは色々なネット副業の始め方や稼ぎ方を紹介していきます